2017年01月17日

庄司(埼玉県川島町)【デカ盛り】絶品呉汁うどん

年末にkさん、いけさんと、夕食で焼とんかつを食べに行く予定の日。
栃木県に向かう途中に、お昼の候補を物色していた所、254号線を走っていた際に、こちらを思い出しました。

kさんはそんなに食べないだろうから、呉汁の煮込を頼んで貰おう!
以前から、つけ麺呉汁は食べていましたが、煮込が未経験なのです。


にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへにほんブログ村 グルメブログへ食べログ グルメブログランキング


器の関係で、呉汁は大盛りまでしか盛れないらしいのが原因。

関連:3度目訪問時夏のすったてうどん特々盛の記事
関連:2度目訪問時冬の呉汁うどん特盛りの記事
関連:初回訪問時冬の呉汁うどん特々盛りの記事


武蔵野うどん庄司冬のご当地グルメデカ盛り呉汁うどん


食いしん坊なので、ついつい量が欲しく、つけ麺にしていたのです。
kさんは食の好みが近いので、気に入ってくれるハズ。


武蔵野うどん庄司外観


庄司さんのうどんは、埼玉でも三本の指に入る位気に入ってます。
夏は「すったて」冬は「呉汁」の甲乙つけがたい双璧を誇る名店☆
(詳細は過去記事参照)


武蔵野うどん庄司冬の呉汁うどんメニュー


注文は
呉汁うどん(煮込み)1000円 普通盛り
呉汁うどん(つけ麺)1000円 特々盛+400円(マシ)

 

武蔵野うどん庄司うどん増量メニュー


特々盛は、400円を加えるだけで麺が1.2kgになり、かなりお得!
更に、最近始まったサービス?で、それまでに特々盛を食べた実績のある客に限り、特々盛の料金で、1.5kgまでマシ注文させてくれるそう。

結果的に普通盛と比較して400円で1kg近くもマシてくれる算段です。
安いなぁ・・・


武蔵野うどん庄司冬のご当地グルメ呉汁つけ汁


さて、久々の冬の呉汁うどん。相変わらず旨い!

かぼちゃや各種きのこ、すりつぶしたマメが入った八丁味噌の汁。
野菜は10種類以上使うのが掟の川島町のご当地グルメなのです。

呉汁とはなんぞや?と言う方は詳しく過去記事を参照して下さい。


武蔵野うどん庄司デカ盛りうどん耳つき


また、庄司さんは、真ん中に大きな耳を入れてくれる事があります。

必ずではありませんが、この演出と変化が楽しみの一つ!
かなり幅広な耳なので食べ応えがあり、食感の違いを愉しめます。


武蔵野うどん庄司冬のご当地グルメ煮込み呉汁うどん


元々、茶褐色の☆が見える、全粒粉のもちもち平打うどん。
茹で置きはしないので、時間はかかりますが、最高に旨いのです☆


武蔵野うどん庄司デカ盛り呉汁残


今回煮込みをはじめていただきましたが、こっちの方が好みかも?

元々、幅広な麺なので、ほうとうっぽくて、煮込みに合うのです。
煮込みのほうが麺に味もよく染みて、相性が良いのでしょうね。


武蔵野うどん庄司デカ盛り呉汁うどん計量


逆につけ麺の方が、つけ汁が薄まるので、汁を飲み干すのに最適。
量もつけ麺の方が多くいただけるので、甲乙つけがたいかも。

今までも味、サービス、独創性等・・・
良い店だと思っていましたが、麺マシ可になり更に気に入りました。

認めざるを得ない、万人受けしやすい良店だと思います。

この日いただいた品のスペック
実測総重量 2507g(麺1574g)
推定カロリー 約2900kcalくらい?


スポンサードリンク



手打うどん庄司うどん / 川島町その他)
昼総合点★★★★ 4.4





スポンサードリンク
posted by ナツ at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | デカ盛り(埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。