2016年04月27日

秋葉麹味噌醸造結城市創業184年を誇る老舗の味噌

食べログのAKさんと食べ歩いた日・・・

成人男性としては大食いな方の人ですが、大食いをするなら何件も食べ歩く方が楽しいと言う、食べ歩き本来の不経済な愉しみ方な人です。

AKさんとのフルーツタルトバイキングの記事
いや、ぼ、ボクも本来そっちの人だったのですが、いつの間に(爆)


にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへにほんブログ村 グルメブログへ食べログ グルメブログランキング



午前中に煮干系のラーメンを軽くすすり、その後はスイーツです。
(ともに後日リンク予定)

3件目は、通りがかった道で、風情のある外観に目を奪われます!
いったい何年前からやってるの?と言う様な、いにしえの味噌屋。

これは面白そうと、AKさんに相談するまでもなく立ち寄ります。


結城秋葉麹味噌醸造いにしえ味噌


場所は、埼玉栃木寄りの茨城県は結城市の街中・・・
結城は国道50号か294号くらいしか通る機会がありません。

この辺を走るのは初めて。パッと見でピーンと勘が働きます!
ネタ好きな食べロガーなら、放っておかない外観なのです(笑)


結城秋葉麹味噌醸造外観


でも口コミはぜんぜんありませんね。
栃木は自分も居ましたが、活発な食べログレビュア不在の地(笑)


結城秋葉麹味噌醸造工場内設備


創業は江戸時代幕末よりも少し前くらいの時代、天保3年(1832年)
気が遠くなるくらい昔です。


結城秋葉麹味噌醸造釜の穴結城秋葉麹味噌醸造いにしえの製造工程


面白がってキャーキャー言ってると、奥の工場を見せてくれました。
メチャクチャ年季の入った、古い古い味噌の工場・・・

長年使用ならではの、樽についた菌が良い仕事をするのだそうで。

こちらのご主人は代々、受け継いで来た人ですが、全国へ味噌の作り方を教える講演に出向くような、この世界では有名な方なのだそうです。


結城秋葉麹味噌醸造各種味噌


作ってる最中のも含め何種類もの味噌を味見させていただけました。
バカ舌なボクでも、この味噌の味の良さは分かります!

大変まろやかな苦味とでも言うのでしょうか・・・
コクが奥深く、安っぽい味がしません。


結城秋葉麹味噌醸造つむぎみそ


そんなわけで、一番人気の、つむぎ味噌☆540円を購入。
AKさんもあれこれ購入していました☆


結城秋葉麹味噌醸造おふくろ味噌汁


後日、実家に持って行くと、おふくろが味噌汁にしてくれました☆

この味噌汁、すごく旨い!出汁が味噌に完全に負けてます。
お店いわく「出汁は適当で味噌の味を楽しんで」と言ってたもんな。

もろキューでもいただきましたが、みんな絶賛してくれましたよ。


結城秋葉麹味噌醸造手前みそ


さんざん工場見学を説明付きでさせてくれた挙句に、540円の味噌しか購入しなかったのですから、申し訳ないくらい安く感じました。

心残りだったのは買うかどうか最後まで迷った樽入りの味噌。
これは自宅で一年間放置し発酵させた後にいただくという代物です。


結城秋葉麹味噌醸造手前みその中身


一年待たないと食べられないのです。
8.5kg4500円ですから、価格的にもかなり安いと思うんですよね。

どうしても後ろ髪をひかれるので、次回この辺りへ行ったら買おう☆
良い店を発掘かも!

スポンサードリンク



秋葉糀味噌醸造その他 / 結城駅
昼総合点★★★★ 4.4





スポンサードリンク
posted by ナツ at 11:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。