2016年03月13日

火の豚(久喜市)ラーメン二郎に中本を融合

OPENから一ヶ月強すぎた、話題の大繁盛店に行ってまいりました。

店主は二郎と中本で修行経験があり、中毒症状のある二大ラーメンを操ると言う、既存店にはない特徴を持った注目度満点の店です。

2月5日のOPEN前後から、ずっとTwitterで情報を得ていたので、訪問前から「ハズレはないだろう」と確信めいたモノがありました。

関連:蒙古タンメン中本板橋本店の記事
関連:ラーメン二郎の記事及び画像リスト


にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへにほんブログ村 グルメブログへ食べログ グルメブログランキング



土曜の夜、閉店一時間前の20時前くらい、待ちは5名でした。

先に券売機気で、食券を買ってから並ぶ仕組みのようです。
券売機はメニューが分かりにくいのが最大のデメリットですが、ここのは特に写真や情報が少なく、購入に躊躇いを感じるかも。

店員を呼びつけて、説明を求めるのも気が引けちゃうんですよね。


蒙麺ラーメン火の豚フュージョンマシマシ


ラーメンメニューの構成は主に5種類

ラーメン(二郎系)700円
フュージョン(二郎系+中本系麻婆)800円
火の頂ラーメン(中本の北極の2倍の辛さ)700円
火の頂つけ麺(中本の北極の2倍の辛さ)750円
あっさり塩そば(700円)


蒙麺火の豚券売機メニュー


初回はシンプルな看板メニューが自分の決め事。
ですが、ここはオリジナリティ溢れるフュージョンを注文します。

-Word-フュージョンとは?
音楽でジャズ基調にロック,ラテン等の融合させ確立したジャンル。
最近では漫画ドラゴンボールで人間2人が融合する事によって
大幅にパワーアップすると言う合体技として知られている。


+100円大盛り。食券を渡す時に先にコールする仕組みのようです。
トッピングは『ヤサイマシマシニンニクスクナメアブラ』で☆


一人だったのでオペレーションの関係で5分ほどで先に通されます。

その後、10分ほどでの提供となりました☆


蒙麺ラーメン火の豚フュージョンヤサイマシマシアブラ


ドーンと、見た目は二郎そのものなデカいのが登場します☆

しかし?どこにも中本ぽいフュージョンの麻婆が見当たりません。
店員に聞いて見ると、盛りきれないので別皿提供との事でした!

コレは、本来、混ぜ物を嫌うボクには嬉しいサプライズです。


蒙麺ラーメン火の豚フュージョンデカ盛り


・スープ
二郎と同じような味。
乳化スープとは言え、もともと油分は多くなく好み。
豚骨感のほうが醤油感より強いバランスも好み。


蒙麺ラーメン火の豚フュージョン麺リフト


・麺
約8mm×4mmくらいの不揃いちぢれ系の自家製麺
わしわしではなく、もっちりで、後半でろんちょ。
麺量250g、大盛375g、これも好きなタイプな麺でした。


蒙麺ラーメン火の豚フュージョン天地返し


・チャーシュー
やわらかアブラとろりんジューシーで味もしっかり濃い目
チャーシューや具を重視しないボクも大満足

・ヤサイ
キャベツ比率は少なくもないくらいの量
シャッキリしすぎなのでマシマシにするとカサで食べづらい。
更にヤサイの温度が低すぎて、全体的な冷め感が残念でした。


蒙麺ラーメン火の豚フュージョン麻婆後のせ


・麻婆
中本の麻婆より一段階くらい辛い!
中本の麻婆よりスパイシー感があって辛さに広がりがあります。
チリペッパー的なスパイスを強く感じ、かなり好みです☆
片栗粉強めのトロミで、豆腐量は多くありません。


まずはヤサイに手を添え、受け皿にサッと一秒でスライドさせます。

そしてヤサイを口いっぱいに頬張り、食べながら手は天地返し作業。
丼ぶりの端から野菜を底に向けて突っ込んで行くのの繰り返しです。

丼の円周、一周分ヤサイを底へ沈めて行き、丼ぶりの中心あたりから、麺引っ張りあげ、野菜の上に丁寧に被せて行きます。

食べながら、別皿に移したヤサイも少しづつ丼ぶりの底へ投入。

あらかたなくなりはじめてから、別盛の麻婆も乗せてみました。
二郎はこれまでに十分堪能し、味を覚えたので心残りはありません。

ちょい混ぜで食べると辛さがかなり際立ちます。
その後、全混ぜにすると、辛さの中にもマイルドさや甘さが・・・

まったく別物のようになるけど、どちらも旨い究極の味変が斬新!


蒙麺ラーメン火の豚フュージョンスープ


二郎だけでも☆4.2、麻婆だけでも☆4.1くらいですが・・・
唯一無二で感動レベルの斬新なアイディアや、一杯で2杯を愉しめるサプライズ感を、プラスαで大いに評価したい気持ちになりました。

一口目より、二口目と、箸をすすめる度に洗脳されて行きます。
すごい中毒性があるのかも知れませんね。


メニューも奥深く、まだ北極の倍の辛さのメニューもありますし。
夕方17〜18時限定で、ゆで前1kgの麺増し(+300円)も可能なのだそう!

これは再訪確実、2016年マイベストレストラン入りの予感です☆

たぶんこのレビューを読んで釣られた人は拍子抜けするかも?
万人受けする中毒性ではなく、ボクの好みな気がしました(爆)

この日いただいた品のスペック
実測総重量 2436g
(麺約650g+麻婆約100g+スープ約500g+他約1.2kgくらい?)
推定カロリー 約1800kcalくらい?


スポンサードリンク




蒙麺 火の豚ラーメン / 幸手駅
夜総合点★★★★ 4.5





スポンサードリンク
posted by ナツ at 08:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 二郎系ラーメン(埼玉) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。