2015年12月26日

須藤魚屋魚沼市元魚屋絶品居酒屋年間ランク候補

11月上旬、北毛からの中越行脚の日。




水上(カツカレー)→越後湯沢(おにぎり&笹だんご&利き酒と塩)〜

更に北上し魚沼市までやってまいりました。


にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへにほんブログ村 グルメブログへ食べログ グルメブログランキング



この国道沿いって意外に店が少なくて連食ペースが鈍めです(笑)


ボスはまともに酒にありつけず、苛立っているような気がします。

気がしただけです・・・


しかし、魚沼市の小出のシャッター街を流していると、物凄く惹かれる外観とネーミングのお店を発見しちゃいました。



魚沼須藤魚屋外観



一同、満場一致で、この店は良さ気と判断したので、突入します。

食べログ情報はほぼないですが、食べロガーの嗅覚は侮れません(笑)


その名も、須藤魚屋・・・


中へ入ってみると、ちょっぴり高級感のある居酒屋風な装いです。



魚沼須藤魚屋ノンアルビール



しかし、メニューを見ると、単価はかなり安くて驚きました!


まずは例によってボスのbeer☆(抜480円)

下戸のボクらもニワカ気取りのノンアルビールを注文してみます★

(抜330円)


魚沼須藤魚屋お通し



まずは、下戸のボクは違和感のある日本のシステムお通しから。


後計算によると、抜350円で、ある程度まともな内容で及第点。

ほうれん草おひたし、厚焼き玉子、きんぴらの3点盛りです。



魚沼須藤魚屋刺身盛り



つづいて、この後も連食予定につき、少しだけ注文しつつきます☆


◯刺身4点盛り(抜880円)

魚沼の新名物"ミユキマス"と言う絶品の刺し身が含まれています。


-Word- ミユキマスとは?
美雪鱒。生食可。母親ニジマスに父親アメマスを掛け合わせた魚。
極めが細かく歯ごたえのある食感が特徴。魚沼の新名物。


脂のりも良く、生臭みもなくて美味。気に入りました☆



魚沼須藤魚屋クジラの味噌漬け



◯塩鯨の味噌漬け(抜450円)

いかにも酒呑みのつまみっぽい一品。

コリコリした食感に、程よい脂加減ですが生臭くありません。

普通の塩鯨よりも、むしろ食べやすいくらいです。



魚沼須藤魚屋ふぐ唐揚げ



◯フグのからあげ(抜500円)

それほど小さくもない、ふぐのからあげがこの値段。

風味良く火の通り加減も絶妙。

揚げ立てだしまずいハズがありません。



こちらのお店、居酒屋ですが、元々は店名の通り魚屋だったそう。

各種仕入れルートを持つアドバンテージがあるのだとか。


食べログ情報は少ないのに、お店は大繁盛っぽかったですしね。


この日は連食の都合で長居できませんでしたが、いずれゆっくりと立ち寄って、いろいろいただいてみたいと思える優良店でした。


この店でいただいた品のスペック
推定総重量 300gくらい?
推定カロリー 約400kcalくらい?


スポンサードリンク


style="display:inline-block;width:300px;height:250px"
data-ad-client="ca-pub-8700998611944959"
data-ad-slot="8117137227">



須藤魚店居酒屋 / 小出駅


夜総合点★★★★ 4.2





スポンサードリンク
posted by ナツ at 06:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食べ歩き | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。