2015年02月06日

じんじゃコロッケ(伊勢崎市)ご当地グルメじんころ

大盛りパスタを食べた後、大きさが物足りなかったので、
近所である、こちら群馬のご当地グルメをいただきに。


群馬のご当地グルメと言えば、有名な所から・・・

焼きまんじゅう,水沢うどん,こんにゃく,ひもかわ
ソースかつ丼,タレかつ丼,太田やきそば,高崎パスタ,
みそおでん,みそパン,ハラダのラスク等・・・・


他県ではいまいち耳馴染みの無い名物が色々あります。


中でも、上記ラインナップよりも更に聞きなれない、
マイナーBグル"神社コロッケ"をいただいてみました。


にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへにほんブログ村 グルメブログへ食べログ グルメブログランキング


-word- 神社コロッケとは?
 
普通のコロッケと比較すると、明らかに薄く、
もちもちで独特な食感を最大の特徴としています。

弾力の秘密は、じゃがいもと小麦粉の合わせ技で、
更に、おから,青のり等を練り合わせているのだとか。

神社コロッケ.jpg

いただいてみると、確かに、もっちもちで美味しい☆

ほのかに感じる青のりの香りもまた合いますね。

神社コロッケ2.jpg
じんじゃコロッケ断面.jpg

特別に何度も手が伸びると言うほどでもないのですが、
恐らく、何となく食べ続けてるとハマる予感がします。


じんじゃコロッケ.jpg

1枚90円で、種類がソース味、みそ味とあるのですが、
それぞれどちらも甲乙つけがたく旨いと感じましたよ。

みそ味は、あの、焼きまんじゅうのような味です😃


なぜ?じんじゃコロッケと言うネーミングなのか?

昭和30頃から伊勢崎神社の脇にコロッケの屋台が登場。

いつしか神社コロッケと呼ばれ親しまれてきたそうです。
平成17年に、店主が亡くなり惜しまれつつ屋台は消滅。
使われていていた屋台が今も大切に保管されている。

当時のまま残された屋台には「コロッケ」とだけ
書かれており、神社コロッケは通称だったことが分かる。

今では10店以上が独自アレンジを加えて
神社コロッケが販売している

伊勢崎民のお宅では、ソウル・フードして
おやつのみならず、夕食のおかずとして出されていた。




気になっていた群馬のマイナーグルメでしたが、
一度、いただいた事でで、気が済みましたよ(笑)

他の店にあったら、また食べ比べてみたいと思います。


この日いただいた料理のスペック

推定総重量 150g+前店950g=約1100gくらい?

推定カロリー 300kcal+前店1400cal約1700kcalくらい?


この程度の量ですと、
断食せず、1食抜くくらいで済みますかね(笑)


2015/02/05 3.24☆8件

じんじゃコロッケ コロッケ・フライ / 伊勢崎駅
昼総合点★★★☆☆ 3.2


スポンサードリンク






スポンサードリンク
posted by ナツ at 05:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | ご当地グルメ(群馬) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。