2014年09月27日

ボルシチのつくりかた

前回のボルシチのつづきです。

分量とか細かい事とは、面倒なので、
なるべく省いて適当な感じで書きます。


分量は

ビーツ缶詰

約400g一缶の量で
他の材料も調整してみました。

だいたいの目分量で適当ではありますが・・・・

考え方としては、冷蔵庫にある材料を
適当にぶっこんで煮るだけで良いと思います。


※ ボクが使った材料
(●印は入れてないが入れた方がウマいと予測)
→ビーツ缶詰(約400g)一缶に対し

ビーツ缶.jpg

1 オリーブオイル 適当(普通の油でも大丈夫)
5 塩  少なめから味見ながら調整
5 胡椒  好きなので多め
4 コンソメ 2〜3個 (ブイヨン可)
4 ローリエ 2枚→折って投入

4 水 1リットル前後(前後しても適当で大丈夫)

1 にんにく 2〜3かけ→みじん切り
3 たまねぎ 大きめ1つくらい→1cm角くらいに切る
3 セロリ たまねぎと同じくらい→1cm角くらいに切る
4 ホールトマト缶 半分(200g)くらい(トマトペーストや野菜ジュース適量でも可)
4 マッシュルーム ピンポン玉くらいの20個くらい→大きいののみ半分に切った
4●じゃがいも カロリーが高いので入れなかった 入れたらウマいハズ
4●にんじん 同じ理由でパスした
6 キャベツ 適当な量 (1個の1/8もあれば十分かなぁ)→細かすぎない大きさ

2 肉(牛か豚の塊肉か牛すじがウマい?)
→長く煮たくないので3cm角くらいに切った

6 ビーツ缶詰→1cm幅くらいの短冊切りにし汁ごとまるごと

7 サワークリーム→仕上げ


1の材料 にんにくの香りが油についたら
2の材料 肉を炒める
3の材料 野菜を炒める
4の材料 いろいろ入れて30分くらい煮る
5の材料 味を整える
6の材料 早く入れない方がおいしい(10分も煮れば十分)
7の材料 最後に浮かべて溶かしながらいただく


ボルシチが気に入ったのと、研究の為、
この日から6日連続でボルシチを作り続けました!爆

何度かアレンジを繰り返したモノの
直感で作った初日が一番おいしかったのは皮肉。


作るにあたっていくつかの注意点を・・・・

野菜は細かすぎず、大きすぎずが良かった。
細かいと食感が残らないし、
大きいとスープに野菜の風味がつかない。

ベーコンや他の調味料、
コンソメの入れ過ぎはジャンクになるので注意!

肉は薄切り肉だとやはり味気ない。

コンソメの塩分を考慮し塩は少なめから。

サワークリームは必須で、
味のクオリティが3段階くらい上がる。


ちなみにサワークリームとは?
(生クリーム2対ヨーグルト1割合くらいを混ぜ水分を切った物)
作れるけど、買ってもそんなに高くないです。

生クリーム売り場に100〜200円位で売っています。


6日間×3食=18食連続ボルシチ食べたけど飽きません 爆

まだまだ作りますよ!


スポンサードリンク
posted by ナツ at 09:00 | Comment(0) | 手料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。