2014年10月10日

上州屋(藤沢市)デカ盛り6名13kgオフ会

もう結構経ちますが、
この日は遠路はるばる爆食オフ会に参加☆

コチラは神奈川県のデカ盛り超有名店で、いつか訪問したてみたいと思っていましたよ。


にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへにほんブログ村 グルメブログへ食べログ グルメブログランキング



ボクと同等くらいの中途ハンパな大食いが3名と、
キャパがボクらの1.5倍以上ある凄い人が3名と、その奥さま。

参加者の奥さまをのぞいた大食い6名で、
総重量約13kg弱をいただいて来ましたよ(笑)


→→この記事のつづきを読む→→



posted by ナツ at 11:00 | Comment(0) | デカ盛りオフ会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月09日

牛すじを安く買い溜めて仕込み

最近はアベノミクスや円安やらで、食材が高騰しています。

肉は2〜3年前と比較すると、特に高くなったと感じますよね。



ボクだけ?(笑)



そんなわけで近頃は、肉を買う時は安い時だけにしました。

安いのを見つけたら、なるべく買い溜めし、
冷凍庫のスペースに合わせて冷凍保存しておきます。



お買い物は何が足りないかによって、
使うスーパーも5つくらい使い分けていますよ。



今日は、高級スーパーだけど、条件次第で、
特定の品物(お肉等)が安い店を使いました。



関東は牛すじが手に入りにくい



ので、牛すじが欲しい時にだけ使う店です。



夜の21時頃に安くなった頃合いをめがけて行きました☆


ウマく行かない時もありますが、
100g98円の牛すじ 350g前後を2パック発見!



しかも何と・・・・



売れ残って半額になっていた☆



大阪在住時代には良くあったけど、
関東で700g400円以下で牛すじが手に入るとは・・・・


大した事じゃないけど、レアな出来事だったので
ついついブログのネタにしたくなっちゃいました。



なお、共感してくれる人は少ない模様(笑)



本当は、もっと一度に買う時もありまして、
安いのがあれば3kgくらいまでは買い溜めしちゃいます。



牛すじは、食べる予定ではない時にでも、
時間がある時に途中まで調理して仕込んじゃいます。

炙ってから、圧力鍋で1時間強くらい煮るだけ。


コレはボルシチ用なのでローリエが浮いてますが、
使い道が未定の時はただ煮るだけにしておきます。

牛すじ煮.jpg

そうする事で、途中から、
和にも洋にも使えるようにしておくんですね。



100均のアク取りシートで、脂も吸いますが、
牛すじから溶け出したゼラチン質は乳化します。

その証拠に煮汁ごと冷やすと、
ゼリー状に固まるのですよぉー☆

煮汁に旨味が溶けだしているので、
沢山仕込んで、汁ごと肉を冷凍しておくのです。



実は他にも、大好きな煮込み料理用に、
すね肉やシチュー用の肉を2kgくらい買いました。

平均で100g100円弱くらいだったので上出来☆

posted by ナツ at 11:00 | Comment(0) | 手料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月08日

藤生商店(栃木県足利市)いにしえの焼きそば店

興味向かいお店を探索に行ってみました。
古い駄菓子屋なのですが、やきそばを食わせる地域密着店なのだとか。

ナビがないと絶対にわからないような外見。

image.jpeg

外観も内観も掃除が行き届いているとは言えませんが、
昭和40年代から営業しているとの事で良い味だしています。

image[1].jpeg

腰の曲がったおばちゃんに、やきそばを食べに来た事を告げると、
麺、肉、卵等、量についていろいろと説明してくれます。

聞いても分からないので、「大食い」だとだけ告げて、おまかせ。

10分くらいでボリューミーな焼きそばが提供されました。

image[3].jpeg

チョット柔らかめの麺に
甘辛く煮た肉が入って全体の味も甘め。
目玉焼きが乗っているので良いアクセントになっています。

総量1kg弱くらいだったのかなぁ・・・・


食べている最中もおばちゃんは横にいて、
お店の歴史の話や、世間話を聞かせてくれました。

昔はゲーセンを兼ねていた時代もあったり。
テレビ取材は3回も来ているのだとか・・・・

ボクの口にはあまり合いませんでしたが、
心情的に応援したくなるで甘め評価かも知れません。


藤生商店

昼総合点★★★☆☆ 3.2



関連ランキング:焼きそば | 東武和泉駅足利駅足利市駅


posted by ナツ at 11:30 | Comment(0) | 大盛り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月07日

本間勝栄焼きそば店(熊谷市)myベスト焼きそば

再稿2013/08/24

その後、30回くらいは訪問しています。

リピート率が高い理由は旨いからの他にもう一つあって、
「14〜18時の中途半端な時間に営業している」点があります。

ソレと、地元の常連さんから耳にしたカスタマイズオーダーで、
「油少なめ」と言う注文方法があり、ちょっとクドさが減りオススメです☆
(ボクはこの注文を覚えて以来ずっとこの方法です)

小中大の上に隠れメニューで、デカ盛りぽい「特大」もあります。
(値段は大きさに比例するのでお得にはなりませんが)


けっこうな人数を連れて行きましたが、
やきそば大好きな関西人も含め、平均的に高評価です。

150x150_square_7511955.jpg

中には「過去最高のやきそば」と言う連れも何人もおり、
ボクもその1人なのですが、万人ウケしやすい店だと感じております。


最近は「油少なめ、麺かため」を覚えてくれており、
カスタマオーダーしなくても好みのを出してくれる点も気にいっています☆

----------------------------------------------------

今年食べたモノの中でトップランクに位置する店です。

高くて旨いは当たり前さん、takefourさん、先行レビューにて良い店の情報をありがとうございました。

文章がヘタクソですので、詳細は御二方の口コミにて御確認下さい。


こちら創業は昭和28年の老舗やきそば店。

現在のおかみさんのおじい様が本間勝栄さんだそうで、
三代目のおかみさんが受け継いでからも30年以上が経過しているだそう。

外観は御世辞にもキレイとは言えないたたずまいながら、
近隣のお客さんが御持ち帰り中心に常時訪れています。


ナビがないと辿り着きづらい住宅街ですので、
事前によく下調べした方が良いかも知れません。

駐車場には余裕があります。


メニューは焼きそば、フライのみ。

注文もまったく半々に分かれるそうで、どちらも人気の品のようです。

フライもウマいのですが、僕が感動したのは焼きそばの方。

並が280円からいただけるので、CPは最高です。

7511957.jpg


麺が特徴的な焼きそばは、カタ焼きそばと普通の焼きそばの中間くらいのバリカタ感。

やきそばとしては珍しいくらいの細麺ですが、これが抜群にウマいんです!

こんなバリカタ食感の焼きそばは、いただいた事がありません。


具にはカシラ肉を煮込んだと言う肉とキャベツ。

ソースは県北の局地的ブランド「高橋ソース」を使用。

食べ慣れない食感のタメか一口目には違和感を感じたのですが、
食べ進めて行くうちに虜になり、ついには御持ち帰りまでする始末(笑)

その後、一週間以内に3回も訪問してしまうほどハマりました☆


ちなみに御持ち帰りは麺の食感が変わってしまうタメ、いまいちお勧めできません。


フライに関しては経験値が低いので感想も書けませんが普通にウマいです。

ごちそうさまでした。



関連ランキング:郷土料理(その他) | 石原駅上熊谷駅熊谷駅


posted by ナツ at 11:00 | Comment(0) | 常連店 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月06日

極旨ボルシチにどっぷりはまっています

ボクは好きな物に関しては、
ずっと食べていても飽きる事がないので、
1週間同じメニューなんてのはへっちゃらです(笑)


火力の弱いレオパレスにつき、
良く作るメニューは、煮込み料理が中心。

凝り性なので一度作り始めると
上手く作れるまでずっと同じ物を作り続けます。


今はマイブームがロシアの伝統料理ボルシチ。

先月はじめて作った日から連続6日間で5回、
ボルシチを作りつづけ18食連続で食べました。

この週だけに関しては、もしかしたら?
日本で最も多くボルシチを食べたかも知れません 爆

もしかしたら大人になってから最も?
はまった食べ物かも知れないくらい大好き☆


いろいろな作り方をしましたが、
やはり手間をかけた方が旨いですね。

煮込み時間も長い方旨いし、
野菜なんかもジックリ炒めた方がオイシイです。

先日作った焦げをこそぎ落とした
飴色玉ねぎも入れて全体のコクを出します☆
image (2).jpeg

最初はスープの感覚で作っていましたが、
やはりシチューくらいの気合で作る方が旨い。

ボルシチ鍋.jpg

ボルシチ器.jpg

ボルシチの欠点は材料費がかかり過ぎな点かな。

肉はいろいろ試しましたが、
やはり、牛すじが最も合うと思っています。

関東のスーパーって、牛すじの品揃えが悪くて
良いのを安く安定して手に入れるのが困難です。

ビーツも大量に仕入る必要があったり、
サワークリームもどこも2個くらいしか置いてない。

大きな鍋に作った場合の材料費は
だいたい1500〜2000円くらいかかってしまいます。


手間暇もけっこうかかるのですが、
それでも作りたいくらい物凄く旨いんですよね。

ボルシチの旨さをみんなに知って欲しくて、
作る度に振る舞って周囲を巻き込んでいます(爆)

posted by ナツ at 11:00 | Comment(0) | 手料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。