2017年02月25日

【全店制覇達成】ラーメン二郎大ラーメンヤサイマシマシ縛りの旅39店目 何から何まで超個性的二郎【大食い】ラーメン二郎札幌店(札幌市)

ラーメン二郎の大ラーメンヤサイマシマシ縛り計量の旅・・・

全店制覇へリーチがかかったまま、札幌店のみを残してる状態に居ても立っても居られず、急遽札幌ぼっち旅を敢行です!
関連:ラーメン二郎の全店制覇記事リスト


にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへにほんブログ村 グルメブログへ食べログ グルメブログランキング



二月の下旬、天気予報には雪印マークがついてるも。
3日後からの便が往復18900円だったので、即決!(笑)

新潟でいつも驚くけれど、雪国ってイメージよりもインフラがしっかりしていたりで、割と快適にすごせると期待です。


ラーメン二郎大ラーメンヤサイマシマシ縛り計量の旅


車を乗り付けて歩かずに済むロビー近くに無料で停められる、意外に知られてない利点がある茨城空港からフライト!


ラーメン二郎大ラーメンヤサイマシマシ縛り外観


店の周り順を迷いつつも、やはり二郎からにしました☆
雪がぱらつく平日正午過ぎの最も混みそうな時間に到着です。


ラーメン二郎大ラーメン券売機メニュー


店内待ち10名の外待ちが5名、予想以上の人気っぷりかも!
外待ちが中待ちに切替るタイミングで食券を購入
いつもの大ラーメン(税込800円)です。


ラーメン二郎大ラーメンヤサイマシマシ真上アングル

若い店主?と元気な女性店員のオペレーション。
結局、並び始めから提供までは、ジャスト30分でした。

お店「大のお客様にんにく入れますか−?」
ボク「ヤサイマシマシアブラで」
お店「はいヤサイマシマシアブラですねー」


ラーメン二郎大ラーメンヤサイマシマシスープ接写


出てきたのは、個性のかたまりのような特徴的な一品!

まずスープは完全に乳化している濃厚さでデフォでカラメ。
豚スープと言うより、豚骨感が強いかも知れません。


ラーメン二郎大ラーメンヤサイマシマシ縛り計量麺リフト


この濃さにはバランス的な思惑も感じられました。
麺が新代田に次ぐくらいの極太ちぢれ気味で固めの剛麺。
つけ麺のように濃い方が合うのだと感じました。

ヤサイは二郎としては、かなりしゃっきりした茹で加減。
キャベツ割合も多く甘くておいしいヤサイです。
これも濃厚なスープにすごく相性が良いのだと思う。


ラーメン二郎大ラーメンヤサイマシマシ縛り豚リフト


豚は大きめで分厚い豪快な@ロールで食べ応え十分。
濃いめの味付け、ジューシーかつ赤みも柔らかです。


ラーメン二郎大ラーメンヤサイマシマシ縛りアブラ粒


更にアブラは、形も粒もはっきりしたかなりの大きさ。
デフォのアブラ粒の大きさは二郎全店の中でも随一でした。

熱さと課長さんは普通くらいな気がします。
重量の割に、水分が多くない麺なので意外と満腹感が(笑)
固形10分、スープまでは12分で完飲完食でした。


ラーメン二郎大ラーメンヤサイマシマシ縛り計量の旅


最後にスープを飲むと、大量の骨髄粉がジャリジャリと。
これが濃厚なスープの決めてなのでしょうか?
二郎全店で最も多く、旨味の素が沈んでいました。

量も大したことなく14分で完食★


ラーメン二郎大ラーメンヤサイマシマシ縛り計量


全体的に個性ありすぎな札幌店ですが、バランス良く旨かったです。
全店制覇した中で、味の部門でも上位になる店だと感じました。

全店巡りをはじめた当初は先が思いやられましたが・・・
都内の人と交流が深まり、都心の攻略が一気に進み助かりました。
これにて2017年02月現在営業しているラーメン二郎を全店制覇です。

情報をいただけた先輩ジロリアンの方々
各店舗のスタッフの方々にお世話になり達成する事ができました。
ありがとうございました。

新たに出来る京都店と川越店も、すぐに行ってみる予定です(笑)
後は食べログのまとめも作ってみないとな・・・

この日いただいた品のスペック
実測総重量 1864g(スープ485g含)
推定カロリー 約1700kcalくらい?


スポンサードリンク



ラーメン二郎 札幌店ラーメン / さっぽろ駅(札幌市営)札幌駅(JR)北12条駅
昼総合点★★★★ 4.4



スポンサードリンク
【ラーメン二郎の最新記事】
posted by ナツメグ at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ラーメン二郎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/446544363
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック