2016年08月02日

【大食い】超豪勢な具のデカ盛り海鮮丼チャレンジメニューに挑戦【撃沈】ほうせい丸(新潟県 聖籠町)

先日の新潟大食い遠征
関連:新潟県の記事リスト

前日に萬来の大盛りカツカレーを攻略した翌日はこちらがお目当て。
関連:新潟県一のデカ盛りカツカレーの記事

新潟市の東にある聖籠町にて豪勢なチャレンジメニューに挑戦です。
関連:[a:チャレンジメニューの記事&画像リスト


にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへにほんブログ村 グルメブログへ食べログ グルメブログランキング



前日の夜に新潟でいつもお世話になっている
いとうけんじさんに、予約の有無や作戦等を相談しました・・・

すると、やはり予約がないとチャレンジは不可だとの事。
すぐにお店へ電話を入れ、急遽手配を整えていただけました。
ムリを言って恐縮です。


新潟聖籠ほうせい丸海鮮チャレンジ丼


翌日の開店時刻に、遠征で同行していたネマタ氏との訪問です。


新潟聖籠ほうせい丸海鮮チャレンジ丼ネマタ比較


チャレンジルール
総重量2.5kgの海鮮丼+味噌汁,香物


15分未満完食 賞金10000円
30分未満完食 賞金 5000円
失敗 3980円(税込)の支払い


新潟聖籠ほうせい丸海鮮チャレンジ丼メニュー


他にもアニバーサリーメニュー等
特別な要予約メニューもあるそうです。


新潟聖籠ほうせい丸デコレーション寿司メニュー


お店に予約と挑戦を告げました。
座敷の予約席用意されており、そちらに通されます・・・


新潟聖籠ほうせい丸海鮮チャレンジ丼鮮やか


しばらくして登場した、見るも鮮やかな豪勢なデカ盛り海鮮丼!

うぉぉぉぉ!!
こ、これは、テンションあがる!


新潟聖籠ほうせい丸海鮮チャレンジ丼ダブルチャレンジ


大きさもさることながら、内容がメチャクチャ豪勢じゃないの!

あちらからこちらから前から後ろから、撮りまくり。
恒例の計量等の準備も整えて、チャレンジカウントダウン開始です★


新潟聖籠ほうせい丸海鮮チャレンジ丼計量


時間が厳しいので、とにかくスピード重視で、かきこみます。

すごい豪勢な具なのに味わう間がなく、食べながら違和感・・・
じっくり食べたら凄くおいしいのに、勿体なさがつのります。


マグロ
南蛮エビ
ネギとろ
つぶ貝
タコ
ブリ
いくら
イカ
穴子
サーモン
うに
ヒラメ
たまご焼き
他・・・


新潟聖籠ほうせい丸海鮮チャレンジ丼撃沈


具の比率も思った以上に多く700gくらいはあったかも知れません。
ごはんは大食いにキツい酢飯。

序盤は、つぶ貝などの咀嚼に苦しみ
後半は、豪勢な具の脂っこさに苦しみます・・・

10分程度で半分を片付けて勝機が見えたか?と思いましたが。
急ぎすぎて、20分すぎで箸が止まってしまいます。

たったの2.5kgがまったく喉を通らず・・・
700gも残して撃沈です!!
(ネマタ氏の結果は後日当人のコラムにて)

失敗でも十分激安とも思える、税込3980円を支払いました。


悔しいですが、明らかに敗因は急ぎすぎた事。
前々から思っていますが、早食いと大食いは違うと思うんですよね。

早く3kg食える人は、時間をかけて良く噛めば4kgイケる気がします。

普段ゆっくりなら3kg以上イケるボクも・・・
3kg以下で苦戦した展開の殆どは、オーバーペースの早食いをした時。

今回もこの程度の量でお腹が爆発し、ピタッと止まってしまいました。
いつもなら持久戦に持ち込み口だけは止めないのですが・・・
今回は完全に止まって一口も食えなくなりました。

そのくせ、2時間くらい経ったら、いきなり回復して食える状態へ。
なんと言うか、テトリスみたいなモノだと思ってるんですよね。

テトリスは、隙間をキレイに積まないと上まで積み上がってしまう。
胃袋の中も同じでよく咀嚼して入れて行くと多く入ると思うわけで。

所詮大して食えないヤツのたわごとですが・・・
競技などと関係ない場面では、急がず味わうのも悪くないかと。


今回、こんなに豪勢な具を早食いした事による罪悪感もありました。
チャレンジメニューだったので仕方ないとは思いますが・・・
今後も必要のない早食いは、自粛する方向で行こうと思います。

決して早食いを否定しているわけではなく・・・

早食いが出来る人は、ゆっくり食べたらもっと食えるのでは?と言う疑問をいつも持っているのですが、その辺りは、いかがなのでしょう。

この日いただいた品のスペック
実測一部推定総重量 約2.5kg+味噌汁他
推定カロリー 約3700kcalくらい?


スポンサードリンク



ほうせい丸居酒屋 / 黒山駅佐々木駅
昼総合点★★★★ 4.2



スポンサードリンク
【チャレンジメニュー(関東外)の最新記事】
この記事へのコメント

この記事へのトラックバック